DO THE SAMURAI代表 吉田 亮の裏ブログ

神社お寺の投稿サイト「ホトカミ」を運営する株式会社DO THE SAMURAI代表取締役 吉田 亮のブログです。

【サングラスは消耗品】僕がサングラスをかけて生活する理由。脳・疲労・東大・GACKTの観点から考察。

こんにちは。
神社お寺の投稿サイト「ホトカミ」を運営する株式会社DO THE SAMURAI代表の吉田 亮です。

真面目なことは、こっちで書いてます。

代表 吉田 亮 カテゴリーの記事一覧 - DO THE SAMURAI BLOG



いやー、もはやこっちのブログは''裏ブログ''ってことにしました。
もっとくだらないこととか書きたいけど、真面目なこと書きすぎて、
普通のこと書きづらくなってる。

「採用」や「次の資金調達に向けての数字つくり」よりも大切にしたこと。(代表) - DO THE SAMURAI BLOG

 

というわけで!!!


今回は、「僕とサングラス」について書きます。
つばきファクトリー聴きながら書いてます。


同じシェアオフィスの人や、
プライベートの僕と会ったことある方はみんな知ってる(見かけてる)と思いますが、
僕は四六時中サングラスをかけて生活しています。

「サングラスなしでは、生きてゆけない。」


もう10年はサングラスをかけて生活しています。


なぜかというと、
サングラスをかけると、仕事が捗るからです。


仕組みを説明しましょう。


遡ること10年前。

当時、高校3年生間近の僕は、東大を目指すことにしました。

それまで、バンドと野球しかやっていなかった僕は、
普通に勉強していてはダメだ!
勉強方法を身につける必要がある。


いや、まずは勉強をする脳の仕組みを理解すべきだ!

という真理(?)にたどり着きます。



勉強というのは脳に情報をインプットし、処理するもの。

集中力を持続させるためには、脳の疲労を少しでも減らしたい。

色々調べると、
脳が処理する情報のうち、視覚からの情報が大半を占めるらしい。

ということは、視覚からの情報量を減らせば脳への負担が軽くなるはず。



そこで登場するのがサングラス。

サングラスをかけることで世界は白黒になり、
色の情報が減らせることになる。
(テレビも白黒とカラーでは圧倒的にカラーの方が情報量は多い)

それによって、脳の疲労を減らすことができる。

ってなわけで、
サングラスをかけることによって、脳に負担をかけず勉強する方法を発明しました。


それ以来、サングラスをかけ始め、

「サングラスなしでは、生きてゆけない。」


実際、サングラスをかけることによって、

集中力が高まる・仕事が捗る

という声はたくさん聞いています。
※吉田調べ


だから僕にとって、【サングラスは消耗品】なのです!


以上、僕がサングラスをかけて生活する理由、でした。
※GACKTやHYDEに憧れて、サングラスをかけ始めたというのも少しある。


ご武運を!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
エンジニア、デザイナー、ライター、インターン募集しています。
お気軽にご連絡ください。

dothesamurai.com

 

dothesamurai.com